09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

Hope Valley 再び#2 

Hope Valleyを歩きだして、しばらくしたら景色が一変。
大きな岩場が続いていました。

人影も多くなり、岩の上で寛ぐカップルや、ロッククライミングを
楽しんでいる人達が大勢います。
Hope1.jpg

眺めは絶景です。
空の青さも手伝って、最高の気分です。
沢山のロッククライマーが岩をよじ登っています。
Hope2.jpg

Hope3.jpg

しかしこの岩の壁はどうやって出来たのか不思議です。
いろいろ調べてみましたが未だに不明です。
誰か知っている方が居たら教えてください。

ここは地震もなく、勿論火山も有りません。
Hope4.jpg

おーっ
よくあんなところに立ってられますね。

僕にはとてもとても真似出来ません。
Hope5.jpg

結構年配の方もやっています。
僕も挑戦してみようかな。。。
無理無理。
Hope7.jpg

この岩チョット気になったので一枚。
Hope8.jpg

横から見るとまた迫力ありです。
下の崩れ落ちた岩を見ると、時々崩れているのが分ります。
危険ですね。

これから帰り道です。
帰りは岸壁の下を歩くことにしました。
Hope9.jpg

。。。声が。。。でません。
Hope10.jpg

Hope11.jpg

沢山居ますね。
Hope12.jpg

何だか楽しそう。
少々興味は出てきましたが。。。

一緒に行った友人に来年の夏になったら挑戦だ!と言っておきました。
勿論僕ではなく彼が。。。
Hope13.jpg

僕は記念の写真を撮ることに専念します。

この方登ってるのか?釣り上げられているのか???
Hope14.jpg

帰り路、岸壁の下に落ちている巨大なリングを発見。
○○スペシャル番組だったら。
「ここに古代文明が栄えていた証拠か?それとも宇宙からの。。。?」てな感じ?
Hope15.jpg

その全貌が今明らかに。。。

友人は「古代のコインだよ」と言っていました。
やはり彼は来年ロッククライミング挑戦決定です。

しかし、一体何でこんな大きなリングがこんなところに???
石を切り出して運ぶ時に使ったタイヤとか、
意味も無く暇な芸術家が作ったのだとか、
大昔、未来の人が不思議がるのを夢見て作ったのだとか、皆勝手な事を言っていました。

英人の友人に聞くと、何かを砕く為の石臼だとか。
しかし、こんなに大きい臼で何を砕いたのか???分りません。
Hope16.jpg

Hope Valleのハイキングはこれで終了です。
ありがとうございました。

yuki
スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。